荒地の花を想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。



牟呂八幡宮の境内に銀杏が落ち始め、鎮守の森には彼岸花が咲き始めました。秋ですね。この時期は野球ファンであれば寂しくなってしまいます。

それは引退発表。

先日横浜ベイスターズ、ハマの番長こと三浦選手が引退表明。
そして愛すべきカープからは倉選手、廣瀬選手が引退表明。25日に引退セレモニーとか。

写真

新陳代謝は大切です。
良い状態を維持するためには欠かせません。体も排泄を始め、新陳代謝をする毎日です。それはチームにも必要。今のカープはベテラン、若手のバランスが良いことも強さの1つですが、若手が台頭するということはそれに押されたベテランがいるということ。今のベテランはカープが勝てない時期に活躍していた選手。僕はその頃ももちろん応援していましたから、寂しさも強く感じています。

種を蒔き、育て…..
思えば倉選手、廣瀬選手が活躍していた時期はカープにとって転換期だったと考えています。
25年も優勝から遠ざかっているどころかAクラスにさえここ最近。それまでの球団は焼け野原状態。そこからグッズ販売に力を入れ、球場を作る。荒れ地を耕すといったところかな。そしてブラウン、野村、緒方監督で選手起用、育成を改新した。種を蒔き育て花を咲かす。これは体でいうと筋骨格内臓など肉体を改造し、精神を整えるようなものかな。心身共に整っていないと健康とは言い難い。
長い年月で荒地を耕し種を蒔き、今年咲いたのが今のカープでしょう。肉体も精神も整った健康な体のようなものです。だから強かった。

あの時代の楽しみ。
それまでには捨てなければ、壊さなければならないところもある。しかしそれらは荒地に咲く花のように、勝てない時代にはファンの楽しみだったものもあるわけです。それが守備の人倉選手や打ってよし守ってよしの廣瀬選手でした。

楽しみが残っていたからファンを続けれたわけです。
そしてファンがいたからこそ、カープは復活できたわけです。
荒地に咲いていた花の功績に古くからのファンとしては「ありがとうございます。」「お疲れ様でした」と心から言いたい。

カープ優勝までの長い歩みの影になった廣瀬選手、倉選手に想いを馳せて優勝の2文字に浸りたいです。




明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:209 t:3 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です