野球肘、野球肩 指導者を想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

昨日は少年野球は正しい指導よりも楽しさを優先させた方が良いと書きました。まずは野球を好きになってもらわないとね。

学生野球は中学生から本格的な指導が始まると同時に、レギュラーを争う人数も増え、野球の厳しさに直面することになります。

そして、この先野球をやる上で避けられない故障というものにもぶつかるはずです。

野球の戦略や技術の指導が上手い指導者はいると思います。しかしケガの予防を教えられる指導者はほとんどいないと言っていいでしょう。
少年野球を見に行くと「あ、高いレベルでプレーをしていたな」っていう指導者を見かけます。しかしそんな指導者でも、ケガの予防に関して指導はできないと思います。
例えば、ボールが指を離れる瞬間の位置をリリースポイントなんて言いますが、体の前面、視界に入る位置のほうがいいと言われます。(これは強いボールを投げる、ケガの予防、2つの面で良いです。)
ではなぜそれが良いのか。納得できる形で説明できる指導者がどれだけいるか。本人の技術レベルが高いからケガの予防まで教えられるは全くの別物です。
それだけケガの予防は特別。特別で難しいからこそ、分かりやすく、正しく伝えることを僕は大切にしています。





明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:184 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です