白身魚と僕とを想う

こんな記事を見たのでここでシェア。

白身魚を食べただけで筋肉が増大する

魚を多く食べる家庭に育ったので、自称魚の味にはうるさい僕です。
白身魚美味いよね。四季を通じて多くの魚が楽しませてくれます。今ならやっぱりカワハギ、ウマズラハギ。なんといっても刺身と肝がたまらない。カワハギは夏ごろから旬が始まるようだけど、肝を食べるならやっぱり寒くなってから。夏場の肝とは味の濃さが違うんだ。肝だけを楽しんだ後、河豚にも負けない上品な白身を肝醤油で食べる。最高だ。
あ、刺身と言えば春先から初夏のアイナメも美味い。油ののりが良いのに後味すっきり。淡白だけど強い味わい。今年は佐久島で食べたけど美味かったなぁ….ちなみにアイナメは鮎並みに美味いってことで鮎並(あいなめ)らしい。

刺身はカワハギ、ウマズラ、アイナメ推しだけど、焼きどうだろうとなった時、僕は真鯛の塩焼きが1番好きだ。ありふれていると言われるかもしれない。しかしそれなりに数多くの魚を食べた経験から言うと、焼きたての鯛の塩焼きは全てのバランスが良い気がする。なんといっても春先、桜鯛は皮目からの香りがいい。のどぐろや金目鯛の脂たっぷり系が好まれるかもしれないけど、僕にとって白身の焼き魚の王はやっぱり真鯛なんだ。

当院にこんな本が置いてある。魚好きの方は時間が合ったら見てみてね。よだれ出ちゃうよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………えっと、白身魚は淡白量が多いって話だったっけ? ついつい僕の魚愛を語ってしまったけど、記事の内容はとても参考になるから1度目を通しておいてくださいね(笑)

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です