進化とは?を想う

数回にわたって考察してきた「進化とは?」今日は総括してみようと思う。

前回までの考察結果はこれ。

心の余裕を保つ方法も人それぞれ。選択肢が多く多様化している。
とにかく僕達人間は、進化を良いこととするには、心の余裕を保つことに労力を使わなければいけないようだ。
そう考えると、やはり進化していると言えるかどうかという疑問に立ち返ってしまいます。

今までの流れをざっとまとめると、

  1. 高度に進化した証は生き方の選択肢の多さ。
  2. 選択した生き方、行動が無駄になることもある。それを無駄にしないようにするには、心に余裕をもって選択、行動すること。
  3. しかし心の余裕の持ち方は人それぞれ。決まった方法はない。
  4. 心の余裕を持つことに労力を使わなければ、選択肢が無駄になる。

 

人は空を飛ぶでもなく、早くは走るでもなく、”多くの選択肢を持つ” という進化の形を歩んだ。多くの恩恵を受けたが、多くの不満や不安にも晒される様になった。その解決方法も多様化していて、【生き方と言うことには答えがない】という状態で生きることを余儀なくされてしまった。
このことから、進化することで多くの選択肢を持つことになるが、【進化=幸せ】とはいえないと言うのが僕の「進化とは」の答えだ。

今までは進化=幸せで、他生物より人間の方が幸福度が高いと思っていたが、それはエゴではないかと改めるようになった進化の考察でした。

取り留めもなく、起承転結もバラバラな稚拙な文章にお付き合いくださり有難うございます。

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です