病は気から 心の流れを想う

最近は暖かい日が続いていて、桜も満開。気持ちも弾むね。
施術をしていますと、痛みと気持ちはとても関係していると患者様のお体から教えられる。

悩みが解決した!
嫌なことがあった。
楽しい事が控えている!

そういった心の変化で痛みが大きくなったり消えたりする方はとても多く、【病は気から】という言葉の大切さを実感します。

しかし日常は単調になりがちですので、心にも変化はなかなか起きないものです。
日常とは、悪く言えば動きや流れがないことと同じで、その中では心の変化は起きづらい。大小関わらず、「わぁ!」となるようなものを見たり、場所に行ったりすることが心には大切です。

僕は、「感動体験をする」ことを大切にしています。
感動というと大袈裟ですが少しでも気分がパッと明るくなる事をして、心の流れを止めないことが大切いう意味です。

春はお花見など、気分転換しやすい季節。心の流れを止めないようにしてくださいね。

先日、患者様から桜の写真が送られてきました。
豊川市の御津山山頂です。

御津山 桜

満開の桜越しに輝く三河湾。近くにこんな絶景スポットがあったなんて知りませんでした。コーヒーショップなどの出店もいくつかあるようです。お花見がまだの方、気分転換したい方、いかがでしょうか?

きっと心が流れが生まれ、気持ちが晴れるはずですよ。

では良い週末を。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です