突っ込むを想う 豊橋市 野球肘 野球肩

「上体が突っ込んでいる」という指摘を野球経験者なら1度は耳にしたことがあるだろう。

では突っ込みフォームとはどういうものなのか?

今日はそういうお話。

先ずは画像を見て欲しい。
O君
中学1年生
ボーイズリーグ
野球肘

豊橋市 ボーイズリーグ

突っ込むの基準はボールリリースより前の段階、左足の着地時点でヘソより頭が前に出ているかどうか。

この画像はすでに上体が突っ込んでいる

これを”着地突っ込み”と整体院Toyohashiでは呼んでいる。

比べて次の画像はまだ頭がヘソから後ろに残っている。

豊橋 ボーイズリーグ

着地突っ込みはなぜNGなのかというと、腕だけで投げてしまうフォームになってしまう。
腕だけで振っているとすぐに疲労してしまい、それが肘肩に影響して野球肘肩に繋がってしまう。

理想の投球フォームは下半身の力を腕に伝えること。
もっと詳しく言うと、腕振りに伝えること。それには体重移動をしながら腕を振ること。そうすれば腕に頼らなくても強いボールが投げられるのだ。

まとめると、突っ込みフォームとは、着地突っ込みのことであり、腕だけで投げるようになるので肘肩の疲労が強く、野球肘肩になりやすいフォームと言うことです。

豊橋市 野球肩 野球肘整体院Toyohashi
0532-31-1101

メール、LINE@からでもお問合せ可能です。
※LINE@のQRコードはスマホの場合、スクロールして画面下部に。
PCは画面右側にございます。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です