少年野球の成熟を想う 豊橋市 少年野球 野球肘 野球肩 

先日、「素晴らしい」というか、「こうあるべきではないか」と思う言葉に出会った。

デンマークサッカー協会 少年指導10ヵ条

1,子どもたちはあなたのモノではない。

2,子どもたちはサッカーに夢中だ。

3,子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる。

4,子どもたちから求められることはあってもあなたから求めてはいけない。

5,あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。

6,アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない

7,子どもの体を守ること。しかし子どもたちの魂まで踏み込んではいけない。

8,コーチは子どもの心になること。しかし子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない。

9,コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。しかし、自分で考えさせることが必要だ。

10,コーチは子どもを教え導くことはできる。しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ。

サッカー指導者に向けた言葉だが、日本の少年野球指導者には是非頭に入れておきたいと思う言葉。

そういう指導が根付けば、もっと野球を楽しいと思えるようになるし、もっと少年野球の可能性が広がると思う。

少年野球指導者に求められるスキルの第1は、「チームを試合に勝たせることではい」

以前からよく言われていることだ。

その意味を今一度深く理解して、少年野球が成熟していくことを願うばかりだ。

いや、願ってばかりいてもだめだ。僕自身も何か動かなければ……

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です