野球肩・肘と猫背を想う 豊橋市 野球肩 野球肘

今日はこんな記事から。

球速アップと猫背

腰痛肩こりなどなど、多くの不調に関係する猫背。もちろんスポーツのパフォーマンスにも関係します。

なぜ猫背が良くないのか。簡単に言うと、猫背だと全身の可動域が下がるからです。

バンザイを例にあげると、背中を丸めてするより、背筋をピンと伸ばしてした方が、大きく腕を上げられますよね。腕の可動域にも背中は大きく関係しています。

背中を丸めている時間が長い。→ 背中が丸くなった状態で体が固まる(猫背)。→ 体の可動域が下がる。→ 可動域が下がったままで動く。→ どこか痛める。不調を感じる。

猫背と痛みの関係はこんな感じでしょうか。

投球は、腕と背骨がしなることで強く早いボールを投げられます。背中がしなやかに反れなければ腕だけで投げることになり、パフォーマンスが下がるどころか、野球肩肘に繋がるでしょう。

小中学生にこの記事と、「猫背だと野球上手くならないよ!」の一言を伝え続けるだけで、野球肩肘の予防になるかもしれませんね。

 

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です