「上半身だけで投げている」を想う

割り座が出来なければレベルアップはない!!

「上半身で投げている」
「下半身が使えていない」
監督、コーチからそう指導された投手は多いと思います。

「下半身を使って投げる」
これには多くの方法があり、選手に合う合わないがあるため、色々試し、指導者と選手が一緒になって作り上げていくことが望ましいと思う。つまり、「この下半身の使い方を【絶対】身に付けなさい」というものはない。
しかし、下半身が使えていない選手に【絶対】に聞いておきたいことが1つある。それは、
「割り座は出来ますか?」



割り座とはいわゆる【女の子座り】

野球 痛い ストレッチ

上の画像のように床にお尻がつかなければ、どんなに良い下半身の使い方を指導されたとしても習得することは出来ない。そう言い切っても良いくらい、投球のパフォーマンスアップには【絶対】となるものです。
これはざっくりいうと股関節の柔軟性に関わっていますが、詳しいことは来院された時に。



先日から来られているK君

中学生1年生
硬式野球
投手

始めは膝痛と言うことで来院されましたが、膝の方は痛みもなくなり、経過も良好。現在はパフォーマンスアップのために来院されています。

チームでは学年投手で2番手くらいだと。

初めて来院された時は突っ立って投げていました。
下半身も使えてなく腕のしなりもない、いわゆる【腕投げ】

野球 肩が痛い ストレッチ

1.2回のフォーム修正で下半身もつかえるようになり、上半身のしなりも生まれてきました。

野球 肘が痛い ストレッチ

フォーム修正のポイントとしては、
・股関節の使い方
・体重移動
この2点を中心にお伝えしました。アドバイスの理解も早く、「投げるのが楽しい」と言っていただく。私としても嬉しい限りです。

ただ、割り座をすると、お尻と床の距離はまだまだ。

野球 ストレッチ

しかし、床までの距離があるということはそれだけ可能性、伸びしろがあるということ。
更に下半身が使えるようになるので、投手としてさらにレベルアップが出来るはずです。

幸いまだ1年生。成長するK君を側で応援できることは僕にとって大きな喜びです。
しっかりサポートさせていただきたいと思います。
頑張れK君!

今、野球肘肩で悩んでいる選手、レベルアップで悩んでいる選手は、割り座をしてみてください。お尻と床が離れている選手は毎日30秒~1分、割り座をストレッチと思って続けてみてください。きっと悩みは良い方向に向かいますよ。
【注意】割り座はやり過ぎると膝を悪くする可能性があります!必ず30秒から1分を限度にやめてください!



整体院Toyohashi
0532-31-1101
豊橋市東脇1-12-2グリーンハイツUM1階
駐車場2台有り アクセス
10:00~21:00(受付20:00迄)
定休日=日曜日・祝日

LINEからのご予約は、
スマホの場合:スクロール後ページ下部の友だち追加をタップ。
PC タブレットの場合:ページ右側の友だち追加をタップまたはクリックを
お願いします!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です