野球肘肩ストレッチを想う

今回は野球肩肘に効果のあるセルフケアを紹介します。

傷みがなくなるまで基本的には”安静”が1番良いのですが、長期間休めないこともあります。

そんな時、セルフケアはただ安静にするより回復が早まるので、是非行ってください。



今回紹介するのはストレッチポールを使った ”わき周辺の筋肉” のセルフケア。

まずは横向きに寝てストレッチポールがわきに当たるように置いてください。

後は上下にごろごろするだけ。


細かいやり方や筋肉の箇所は特に気にせず、「痛いな」「気持ちいいな」と思うところにストレッチポールを当てるだけでOKです。

こちらのサイトはストレッチポールではないですが、参考にされると良いと思います。
https://ksousuke.com/scapula-pole-massage
https://youtu.be/o_Hh5VS5faU


「肩、肘が痛いのにわき?」と思われるかもしれませんが、わき周辺の筋肉はとても重要です。また【野球肩 ストレッチ】で検索するとたくさん出てくるほどメジャーなセルフケア。 実際ここが原因となって痛みが出ている方非常に多いですし、当院も野球肩肘の施術では、痛みのある患部より、わき周辺の筋肉の硬さの方を重要視しています。

またセルフケアは、痛みがなくなり実戦復帰をしてからも再発の予防になりますので、是非身に付けてください。

※ 人によってはかなり痛いかもしれません。痛みが強い場合は無理に行わず、加減をしながら毎日コツコツ行ってください。

整体院Toyohashi
0532-31-1101
豊橋市東脇1-12-2グリーンハイツUM1階
駐車場2台有り アクセス
10:00~21:00(受付20:00迄)
定休日=日曜日・祝日

LINEからのご予約は、
スマホの場合:スクロール後ページ下部の友だち追加をタップ。
PC タブレットの場合:ページ右側の友だち追加をタップまたはクリックを
お願いします!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です