トップの位置を想う


強いボールを投げるにはトップの位置を見直すこと

【ボールの質】という表現があります。「ただ早くても、軽いボールは打たれる」。 投手を評する時によく耳にしますが、これは【早いけど質が悪いボール】と言えるでしょう。

質の良いボールとは、”重いボール、スピード以上に威力がある”と評されることが多いですね。
今日は重いボールのお話。

では重いボールを投げるにはどうすると良いか。それはトップの位置を見直すことから始めてみてください。

重いボールを投げるには、背筋や大胸筋など大きい筋肉の筋力をしっかりとボールに伝えることが大切です。そのためには腕がトップの位置まで上がった時、背中側に深く入っていることが望ましい。

画像で比べてみましょう。

野球肘 野球肩 ストレッチ 左側が望ましいトップの位置。
こうすることで腕の筋肉だけに頼らず、大きな筋肉(背筋、腹筋など)のパワーをボールに伝えることが出来ます。
結果スピードアップはもちろん、【重たいボール】と言われる球速以上に威力のあるボールが投げられるようになってきます。

右側のようにトップが浅いフォームは、大きな筋肉が伝わらず、腕に頼った投げ方、いわゆる【手投げ】と言われるフォームに繋がります。また、指導者から「肩が開いている」と指摘される選手や、コントロールが悪いピッチャーにも多く見られます。

そして私の経験上、野球肘肩になる選手も、このようにトップが浅い選手が多いので、非常にリスクが高いフォームだと言えるでしょう。

コントロールが悪いだけでなく、肩や肘を痛めるリスクが高いフォームですからね。早めに修正することをお勧めします。
ちなみに、高校生くらいから筋トレを始める選手やチームが多いわけですが、ベンチプレスやデッドリフトなどで大きな筋肉を鍛えても、トップの位置が浅いなどフォームに悪い癖がある場合は、宝の持ち腐れとなることは言うまでもありません。
正しいトレーニングと正しいフォームでなければ、安全にレベルアップは望めないのです。

さて、左側の画像のように、トップの位置を深くすることが良いと分かっていても、なかなかフォームが修正出来ない選手がいます。 頭では分かっていても出来ないってやつですね。 そんな選手ために、次回はトップを深くすることが出来るストレッチをお伝え出来たらと思います。    

 

 

 

整体院Toyohashi
0532-31-1101
豊橋市東脇1-12-2グリーンハイツUM1階
駐車場2台有り アクセス
10:00~21:00(受付20:00迄)
定休日=日曜日・祝日

LINEからのご予約は、 スマホの場合:スクロール後ページ下部の友だち追加をタップ。 PC タブレットの場合:ページ右側の友だち追加をタップまたはクリックを お願いします!

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です