院長紹介

原田 篤宜(はらだ あつのり)

  • 1979年(昭和54年)生まれ
  • 山口県徳山市(現 周南市)出身
  • 趣味
    野球 ロッククライミング トレイルランニング 釣り 広島東洋カープ




【経歴】
写真
高校まで山口県で過ごし、大学の時に愛知県へ参りました。
大学ではスポーツ医学を専攻し、卒業と同時に治療の道に入りました。
2005年に勤めていた名古屋の治療院を離れると同時に、豊川市を拠点とするスポーツクラブのボディケアルームの委託治療を賜り、この東三河に越して参りました。そして2012年6月23日、多くの方々に教えられ、支えられて治療院 治療家 Atsunori Haradaを開院する事が出来ました。
2017年5月 整体院 Toyohashi に屋号変更。



【実は治った経験がない?】
スポーツ経験は小学校6年生から野球を始め、大学まで続けました。今でも野球が大好きです。
スポーツを続けていると「怪我」とは隣り合わせ。私も腰や肩を痛め、野球をやることに苦労した時もありました。もちろん、鍼灸や整体といった治療も受けた経験もありますが、それで「よく治った」という経験は実はありません。
今思い出してみると何が大きな原因で当時の症状が出ていたのかは分かりません。しかし「いつ良くなるん?」と、漠然とした状態で治療を受けていた事を覚えています
漠然と受けていたのでいつまで痛みが続くのか不安もありましたし、治療の間隔も不規則で、「あの治療の受け方じゃあ治るものもなおらないよなぁ」といった思い出です。

あの時、「今はどういう状態だからこれは止めて」「今はこういう状態になったからこの練習から始めてみよう」といった治療の道筋を教えてもらっていれば、腰痛、肩の痛みはもっと変わっていたのかもしれません。
私自身の経験が教えてくれた「治療の道筋をお伝えする事」(未来展開)は、私の整体、施術の中で大切にしている事でもあります。




auto-Y7zmnN.hebi (2).png

【趣味】
1番の趣味は野球です。小学生から野球を始め、大学まで続けておりました。現在も週一回程、草野球チームに所属し続けております。そのため野球で肩や肘などを痛めたと来院される方も多いです。そして学生時代ずっとスポーツをしていたからでしょう、学生のスポーツで故障された方の治療には熱が入ってしまいます。(もちろん学生以外の方の治療も真剣ですよ!)
他に登山やロッククライミングと山で遊ぶ事が大好きです。




【治療方針】
整体治療の目的は ”自然治癒力の回復”です。
肩こりや腰痛、美顔に至るまで全ての改善、回復はご自身の持つ自然治癒力が決め手となります。手術や薬に頼らず自然治癒力で回復、改善することがベストですが、残念ながら骨盤や背骨の歪みがあると自然治癒力は低下すると私は考えています。そして低下した体を長期間ほったらかしにした結果、肩こりや腰痛といった症状が出てしまうのです。
歪みを整え、自然治癒力を呼び覚まし、安全に改善、回復を心掛けています。



【当院はセルフケアを徹底的にお伝えします】
施術と同じようにセルフケアとして、簡単な運動を分かりやすくお伝えしています。なぜかと言いますと、「治療した後は良いけど、すぐに症状が戻る」という声をよくお聞きするからです。

「もう一歩深く症状を改善出来ないか」そう考えているうちに辿り着いたのは
『休めるだけではなく動かす事で改善する症状も多い』という考えにいたりました。そこで、普段の施術内容に簡単な運動を組み合わせてみたところ、改善スピードが上がった方が増えただけでなく、
『健康のために運動を始めました!』
『すぐに痛みがぶり返す事がなくなった』
『運動を始めてから頭がスッキリするんです!』と明るい表情でお話になる方が増えてきました。これは今まで体を整えることだけを重視していた私には目からうろこのようでした。しかしすべての人が運動が出来る、得意と言うわけではありません。その後、”誰でも簡単に出来ること” を基準に症状にあった運動をお伝えする事で、多くの方の体の悩みを改善することが出来ています。

『休めるだけではなく動かす事で改善する症状も多い』という考えは、私の治療する上での大きな柱となっていますが、それは私が見つけたのではなく、多くの患者様から”教えていただいた”と思っております。
まだまだ勉強の毎日ですが、これからも多くの患者様に教えをいただく毎日に感謝しております。



【最後に】
普段の施術では、自宅で出来る簡単な運動やストレッチも分かりやすくお伝えし『再発しない身体』と『心のリセット』のお手伝いが出来ればと思っております。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

a:1292 t:3 y:1