強いはずを想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。



昨夜は
優勝の瞬間に泣く。
YouTubeで瞬間を見直し泣く。
様々な優勝記事を読んで泣く。
とてもいい日でした。

さて、今日も今年のカープの強さの秘訣と体の健康には似たところがあるを書いていくよ。

今日のテーマは土台がしっかりしていた。



得点することは難しい。
野球で勝つために何が大切かと言われれば、僕はこう答えます。
エラーをしないこと。
相手より多く点を取るば勝てます。または0点で守れば勝てます。(負けません)でも理想論ですし無理な話。では勝つためにはどちらを大切にしたほうがいいか?というと、やはり失点を防ぐこと。

打撃は水物なんて言い方をすることがあります。
野球ってのは面白いスポーツで、10回中3回打てれば凄いと言われるスポーツ。3割で超凄いなんてスポーツなかなかないですよ。4.5点とっている試合を多く見ますが、実は打つこと得点することはすごく不確定なものなのです。なので1本のヒットをバントで送ったり盗塁したりと、あれやこれやして1点につなげます。
だから得点することは難しいことなので無駄な失点をして点差を離れさせたくないんです。負けていても最少失点で持ちこたえて我慢したい。そしてどこかで来るチャンスで確実に得点したい。毎回こんな考えで野球の試合は行われています。なのにエラーで無駄なランナーを出してピンチになる。それが頻繁にあるチームは失点数が増えてしまうのです。それを補える打力があるチームなんてほぼありません。

エラーが少ないということは勝つことの土台のようなものなのです。



エラーの数が少ないことは食う寝る遊ぶをちゃんとしていること。

僕は健康の基本は何かと聞かれたら、よく姿勢が大切と言っていますが、それと同じくらい食う寝る遊ぶ が大切と言っています。

「姿勢は保たれていると色々な不調が防げますが、しかし必ず崩れてしまいます。その崩れを最小限で食い止めておきたい。それには体をほったらかしにしないこと。運動したりセルフケアをしたりとほったらかしにせず、常に体に目を向けてあげてね」とブログにもよく書いています。でもなかなか出来ませんよね。そこで1番体をほったらかしにしない方法が、食う、寝る、遊ぶ。
だって1番簡単だし、絶対に毎日することですし。特に寝ること。睡眠時に体は回復しますから。
どんなにセルフケアをしても、食う寝る遊ぶが疎かだと効果も半減でしょうね。
食う寝る遊ぶがちゃんとしていて、その上にセルフケアや施術が乗っかると姿勢が保たれ不調が防げる。ややこしい言い方かもしれませんが、
健康の基本、姿勢の土台は食う寝る遊ぶ
じゃないでしょうか。

エラーが少なく無駄なランナーを出さない(土台がしっかりしている)から最少失点で抑えられる。その上に攻撃が乗っかていると安定して勝てる。
ちなみに今年のカープのエラー数はセリーグ6チーム中2位。
それに本塁打、安打、打率、打点がすべて1位。
しっかりした土台の上に攻撃が乗っていた。

やっぱり強いはずだ!!

セルフケアや施術、ホームランなどの打撃は基本ですが、華やかな部分。

食う寝る遊ぶ、エラーが少ないは目立たない部分ですがとても大切な土台。
何事も土台が大切なのは体の野球も同じですね。
写真



明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:190 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です