思春期を想う  豊橋 整体 野球 肘の痛み 肩の痛み – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

土曜日のことだ。

姿勢を整えてほしいとお母様の要望で中学1年生のK様が来られた。

今春から硬式野球のクラブチームに入ったらしく、そこで猫背はパフォーマンスの妨げになるから姿勢を整えたいとのことだ。

姿勢矯正することはもちろん大切だし、中学生なのでおそらく早く結果も出るだろう。

しかし、困った問題があった。

思春期特有だろうか、会話のキャッチボールに苦労する。
恥ずかしいのか、施術というものに緊張があるのか、とにかく意思表示が少ないのだ。

まぁ、施術に支障はないので問題ないが、ここで思うのは、野球の指導者の難しさだ。

スポーツの世界は「ハッキリ喋る」ことを良しとする世界だ。

K様のような意思表示をしないタイプの選手を、怒鳴り散らす指導者もいるだろう。

しかし、思春期で喋れない時期というものもある。
ハッキリ喋るを本人に強要し続けるのも指導と思うが、それで野球が嫌いになる選手もいるかもしれない。

「そんな甘っちょろいことを…」と思われるかもしれないが、指導者が一歩下がる対応をすることも、選手の可能性を潰さないことに繋がると感じた。

選手が伸びる時期に伸びるように。

K様のチームに視野の広い指導者がいることを願うばかりだ。




明日も皆様お体に、愛と期待を…..

a:78 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です