怪我の影響を考える – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

先日の肉離れから約2週間たちました。
歩くには問題ないですが、まだまだ走れるほどには…..やはり安静が一番です。


そんな原田から今日は怪我の影響のお話。


実は今、腰が痛いです。治療家として、整体師として体には気を付けていますが、今回の腰痛はしょうがないかな、と思っています。

なぜ?

足を怪我しているからです。


あなたはこんな経験ありませんか?
慣れない靴を履いた日は、足首から上の脛の筋肉や太ももが疲れた。痛くなった。
指を切って包丁をしっかり握れない時の料理はやけに腕が疲れる
なんて事。

原田の経験上、

不具合の影響は関節をはさんで一つ上の箇所に影響する。そして最後は背骨に影響を及ぼす。

と考えています。

例えば、一つの箇所、指を怪我したり、疲れで動くが悪くなったりと不具合が出る。そうすると手首という関節をはさんで一つ上、そう肘より下の筋肉が変に疲れやすくなります。

今の原田でいうと、太ももに不具合が出ているので、股関節をはさんで一つ上、腰周辺に疲れや、痛みが出ている事です。


実はこの考えは治療にはもちろん、症状の再発防止にも役立ちます。
もう言いたい事はなんとなくお分かりでしょうか?


でも次回にします。 
次回は痛みやコリのルート(道筋)を考える



明日も皆様お体に、愛と期待を…..

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です