セミを想う  豊橋 整体 肩こり 腰痛 小顔矯正 骨盤矯正 – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

あえて困難な道を行く!

写真

こんな台風が来るかもしれない風の強い日に孵化しなくてもいいのになんて思ってしまいますが、あえてハードルの高い日を選んだことに、応援したくなりました。

さて、
セミは7年も土の中で過ごし、地上に出て1週間で死んでしまう。儚い命なのです。

こう聞いたことありませんか。

…………..儚いか?

7年も土の中にいるんだから、セミ的にはそっちの方が本番で、地上の1週間で儚いなんて言うのはおかしい。
そう思いませんか?
セミに聞いたわけじゃないので分からないけどね。儚いって人間の一方的な考えで、イメージの押し付けなんて僕は思います。

世間的な常識に縛られ過ぎていないか?
ありのままなんてきれいごとは言わないけど、世間の考え、常識に自分を当てはめ過ぎて苦しんでしまう人、いると思います。

「常識的には~、世間的には~、それを考えつつ、自分はこうです。」くらいにあるべきだと思うんですよね。

だって、常識や世間的な考えって時代と共に変わるでしょ。

ほら、セミの7年だって最近では

セミは人工飼育が難しい昆虫だそうですが、飼育技術が向上した結果、最近ようやく、土の中で何年暮らすかが分かってきたそうです。
 最近の資料によると、土の中で暮らす期間は次のようになります。

   <ミンミンゼミ>  2~4年
   <ツクツクボウシ>1~2年(主に2年)
   <アブラゼミ>   2~4年
   <クマゼミ>    2~5年
   <ニイニイゼミ> 4~5年(主に4年)

 ♪ これによると、土の中で暮らす期間は、われわれが覚えてきた7年よりずっと短くて、1、2年で土の中から出てくるセミもいます。種類が違えば、期間も違いますが、どうやら、体が小さい種類は期間が短くて、体が大きい種類は期間が長いような気がします。

ツクツクホウシは1で出てくる自由な奴もいる(笑)

人に迷惑をかけないのであれば、常識や世間の考えに沿わなくてもいいんです。
もっと自分出していきましょう。

そんなことを羽化を見ながら思っていました。




明日も皆様お体に、愛と期待を….

a:416 t:2 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です