整体院Toyohashi 週1メッセージ(3/16 月曜日配信) コロナウイルスの現状と症状

新型コロナウイルス
( COVID-19 )
対策レポート

「なんか大騒ぎしてるけど、自分は大丈夫!」
なんて思わずに、あなた自身をはじめ、 大切な人の健康を守ってくださいね。

 

新型コロナウイルスを知ることからはじめましょう。

人間、分からないものは、実態以上に恐ろしく感じます。 できるだけ知識を深めて対策をすることによって、 物理的にはもちろん、精神衛生的もよくなります。
それでは早速まいりましょう!

 

  1. まずはじめて、新型コロナウイルスが 日本で報道されたのは2019年12月。
  2. 発症地は、中国の武漢。
  3. 発生原因は諸説ありますが原因不明。
  4. WHO(世界保健機関)は 11日、世界で感染が広がる新型コロナウイルスについて 「パンデミック」と表明。
  5. 感染者数は3月9日時点、 世界91の国と地域で、 10万9032人が確認され、 その内、3792人が死亡しています。
  6. 今現在コロナウイルスに関して 分かっていること


     

 

割と高い確率で重症化しています

このように世界各国で深刻な状況となっており、感染者数は3月9日時点、 世界91の国と地域で、 10万9032人が確認され、 その内、3792人が死亡しています。 

つまり、 単純な死亡率は3.5%。 かなかの確率です。 

もちろん、年代が上がる程、 致死率が高くなるのは必然的です。 少なくとも40代以上の方は 意識して対策をすべきかと思います。 

ちなみに、 日本国内では、2020年3月10日の発表で、 

1220名感染、そのうち、56名が重症、 16人の感染死亡が確認されています。

つまり、 感染発症した場合、重症まで含めると、 

約5.9%の確率で マズイ状態になる。ということです。 

新型コロナウイルスに関して、 風邪と同じだから大丈夫という判断もありますが、 数字でみると、割と高い確率で重症化しています。 単純に20人いれば、 1人は重症化する計算です。 先ほどもお伝えした通り、 年齢があがるほど、この確率は上がり、 危険度も高くなります。

まだワクチンや治療薬が存在しないので、 かからないようにする対策はもちろん、 万が一、かかった場合も重症化しないよう、 免疫力を高めておく必要があります。

 

新型コロナウィルスの症状

新型コロナウイルスの病原性は、 急性呼吸器疾患(COVID-19)が主な症状です。 呼吸器疾患とは、いわゆる 呼吸器(上気道、気管・気管支、肺、胸膜等) に起こる疾患の総称。
具体例をいくつかご紹介すると、

などが、急に(急性で)起こるイメージです。
合わせて、中国の研究者が公開している 主症状を少し紹介すると、

などが公開されていますが、 この他にも、 

 

  • 全身の強い倦怠感
  • 吐き気
  • 筋肉痛

 

 

 なども確認されていて、 合併症で肺炎を引き起こします。

 初期症状としては…

といったものがありますので、 自身や、周りで確認できた際は、 まずは様子を見ながら、症状が重い場合や2日以上症状が続く場合は、かかりつけの担当医や 相談電話に連絡しましょう。 

以下、厚生労働省の基準に基づいた受診目安となりますの で、参考にしてみてください。

 

 

 

個人的には、上のような基準通りの流れではなく、 症状が出た時点で、早めに一度相談しても良いと思います。

念のため、厚生労働省が開設している新型ウイルスに関する 電話相談窓口を以下に記載します。

簡単ですが、コロナウイルスの現状と症状をお伝えしました。
参考になさってください。

                             整体院Toyohashi 原田篤宜

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です