体重移動と足を想う 豊橋市 野球肘 野球肩

野球肩、野球肘の改善で行うフォーム修正で、「下半身で投げる」という言葉を僕はよく使う。

文字ではなかなか伝わりずらいが、下半身を上手く使えば、軽く腕を振っても遠くにボールを投げることが出来る。

この写真はボールを投げた後の下半身の写真。どちらもゆっくり腕を振ってもらった。

一見何も問題なさそうだが、最初の写真は下半身で作った体重移動を十分にボールに伝えられていないフォーム(写真1)。

野球肩 野球肘

次の写真は体重移動が十分にボールに伝わっているフォーム。(写真2)

野球肩 野球肘違いは左足。

簡単にいうと、写真2のように左足が自然と前に出てるフォームなら、体重移動がしっかりと指(ボール)に伝わっていると考えていい。下半身で投げれているだろう。

写真1のように右足を越えない場合は体重移動が右足で止まってしまい充分に指(ボール)に伝わっていないと考えられる。要は腕や腰の回転など、上半身に頼って投げているということだ。

野球肘肩に悩んでいる選手(特に小中学生)がいれば、軽く腕を振ったフォームで足を確認してほしい。写真1のような足だとすれば、腕に頼って投げているので、どんなにケアをしても良い結果にはならないでしょう。

肩肘の痛みでとても大切な”下半身で投げる”。

でも選手に伝えるのはなかなか難しいので、詳しいことが知りたければお気軽にお問い合わせくださいね。

 

明日も皆様お体に、愛と期待を…

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です