肩の痛みとクロスステップを想う  豊橋市 野球 肩

前回のブログで、

【足の割れ】は下半身が不安定になり、上半身に悪影響します。この悪影響とは、投球時の肩の痛み、肘の痛み、パフォーマンスのダウンです。
しかし、【足の割れ】をたった一つの動きだけで改善させると、腕の使い方まで変わります。

 

と言う趣旨のブログを書きました。詳しくはこちら ⇒ 投球フォームと下半身を想う

今回はその続き。たった1つの下半身の使い方について書いていこうと思います。

クロスステップの弊害。

プロ野球など一流レベルの世界でも、クロスステップを取り入れている投手は多い。

左のスリークォーター、またはサイドスローの投手にクロスステップが多くみられます。

この画像を見てもわかるように、彼もクロスステップ。

豊橋市 野球 投球フォーム

しかし、このクロスステップが原因で足が割れてしまい、その結果、肩の開きが早いフォームとなり、肩の痛みと繋がっていたのだ。

画像①②でも分かるように、肘の出方や、肩の開きは明らかに違う。だが、腕や肩の使い方は全く修正していない。

画像①

投手 フォーム コントロール

画像②

豊橋市 野球 投球フォーム

豊橋市 野球 投球フォーム

だだ、クロスステップを止めてもらっただけ。

たったそれだけでこんなに違いが出る。

それを、
「肩が痛いから」
「開きが早いから」
ということで、腕や肩に注目した指導や周辺のマッサージでは、なかなか解決しないし、再発の危険は高いまま。

体は1つ
全身を診る
という考えを大切にして、私は選手と向き合っています。

でも、
「クロスステップは危険なのに、どうして取り入れている選手は多いの?」という声があるでしょう。

次回は、クロスステップは本当に危険なのか?

取り入れるべきか否か。

その辺りを書いていこうと思います。

 

整体院Toyohashi

0532-31-1101

豊橋市東脇1-12-2グリーンハイツUM1階
駐車場2台有り アクセス

10:00~21:00(受付20:00迄)
定休日=日曜日・祝日

LINEからのご予約は、
スマホの場合:スクロール後ページ下部のをタップ。
PC タブレットの場合:ページ右側の友だち追加をタップまたはクリックをお願いします!

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です