膝痛を考える – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

来院される方で腰痛、肩こりの次に多いのが「膝痛」ではないでしょうか。

最近はランニングをされている30代の若い方にも多い気がします。
まず膝の治療で大切なのは" 考え方 " です。 これは膝の治療だけではないのですが、膝痛の第一の原因は "膝から上、上体のバランスの崩れ " と考えています。
逆に言えば体のバランスが悪いかぎり、膝の改善はあまり期待できない。と原田は思っています。そして最近では健康雑誌等でもこのバランスの崩れを指摘しているものが増えてきています。


まず初めに
膝痛の時、膝に何が起こっているのか。
をお話ししようと思います。


階段の上り下りで膝が痛む、正座が出来ない….等いろいろな膝の痛みがあります。ここで考えなければいけないのが、

" 階段の時だけ膝に何らかの悪い状態が起こっているわけではない " という事です。 


そう、痛みのない立っている時や歩いている時でさえ膝の状態はおかしく、無理をしている状態になっていると考えてください。

立っていれば動きの有無に関わらず、膝は傷ついている。ということです。


膝、膝関節というところは上の大腿骨(太モモの骨)と下の脛骨(スネの骨)が半月板(膝のクッション)を挟むようにして繋がっています。
身体のバランスの良い状態なら大腿骨と脛骨の接着面が大きく、広い範囲で上半身を支えています。
しかしバランスが崩れると、その接着面が小さくなり、上半身を狭い接着面積で支える状態になります。


文章では分かり辛いですが、雪の上を思い出してください。 
スキー板を履いていたら足は沈まないですが、ブーツのままだと深く刺さるように雪に沈んでしまいますよね。


膝が痛い時はそれに似た状態でクッションとなる半月板に大腿骨が刺さるように乗っていると思ってください。
こんな状態でいれば、痛みがなくても膝は無理をして傷ついているのです。それは本人の気づかないところで進行し、そして長い間ほったらかしにしていると無理が痛みに変わるのでしょう。


階段や正座は立っている時よりも膝に負担のかかる状態です。これは誰でもそうですし、しょうがない事。しかし過剰な表現ですが大腿骨が刺さった状態で階段等の負担のかかる体制をとれば普段は痛くないけれど、正座や階段で痛みが強く出るのも当然なのです。



ではなぜ接着面積が狭くなるの? を後日お話ししようと思います。
キーポイントは 先ほども出てきた「体のバランス」です。


明日も皆様お体に、愛と期待を…..

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です