膝の整体を考える(階段の昇り降りの痛み) – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

膝の痛い方で階段の昇り降りが痛いと言われる方は本当に多い。
今回は階段の上り下りの時に痛む膝痛のお話。


ここで階段を上ったり下りたりする恰好をしてみてください。

もちろん膝は曲がっていますよね。

でも曲がっているのは膝だけですか??

そう、股関節と足首も曲がっていますよね。
膝痛の治療ポイントはこの「股関節」と「足首」だと治療家Atsunori Haradaでは考えています。


そもそも階段の上り下りという動作は膝だけを使う動作ではありませんッ!
股関節、膝、足首の3つを曲げることによって、この3つの関節がちゃんと動くことによって初めて出来る動作なのです。
たまたま股関節でもなく、足首でもない、膝が痛くなってしまっただけなのです。

なぜ膝か?ほかの2つより構造上弱いのか、物理的に負担を受けやすいのか、推測の範囲で今の原田でははっきりとは答えられません。(もっと勉強しなければ…….)

しかし膝の痛みに隠れて股関節や足首のズレが原因となっているのではないか?とした膝痛を多く見ます。
実際、膝の整体、治療はほとんどせず、アイシングや湿布といった方法で安静にしてもらい、股関節、足首をしっかり診ることで回復した膝の整体例は多く経験しています。


階段の上り下りは股関節、膝、足首の3つで行う動作です。
1つがズレたりして機能しなくなると、
残りの2つで行わないといけない。
そしてもう1つが機能しなくなると最後の一つで行わないといけない。 

3つで行っていたことを1つで行う。  痛いという悲鳴をあげるようになるのも分かりますよね。



明日も皆様お体に、愛と期待を…..

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です