桜を想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

画像の説明

牟呂八幡宮のさくらが満開となりました。



なぜ桜に乱れるのか?


ある方とお話をしている時、毎年ニュースで流れるお花見のマナーの悪さ、ゴミの問題が話題となりました。


あれって以上だと思うんですよ。日本人として。普通の日本人の美学とかけ離れた行動、状態だと思うんです。あの花見の乱れ方。


平安の時代から….


こんな歌をおしえて頂きました。


世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし (在原業平)

要約すると

世の中に桜がなければもっと春は穏やかに過ごせるのに……..


やはり昔から人は桜を見て高揚し、乱れ、騒いでいたのでしょう。

今も昔も変わらない、なぜ、桜に心乱されるのか?
キーワードは短時間の凝縮ではないでしょうか。

あんなに美しく咲き乱れた花が7日程度で消えてしまう。しかもその散り方は儚くも壮大。桜吹雪とはよく言ったもので、けっして大袈裟な表現ではないでしょう。


短時間にあんなにも美し、儚く、壮大に最後を向かえる。



…..心乱されるはずです。



治療と桜は似ている??


原田の目指す治療はまさにこれ。短時間の凝縮。
実は体って一回の治療時間が長いほど治りが悪いって知っていましたか? 

短時間の凝縮。
原田はいつも頭に置いて治療しています。


そのお話はまた後日。
キーワードは不良の教育(笑)



原田の治療の想いと、日本人の桜の想いが似ていたとは驚きました。

牟呂の八幡様が教えてくれたのかもしれません…..



明日も皆様お体に、愛と期待を…….

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です