臨機応変を想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

画像の説明

さて、今日は原田の”苦手” のお話。

基本、不器用なのです。


むしろ治療の道に入るまでは自分が不器用だなんて気付いていませんでした。


先日、今月初め頃、今勉強させて頂いている先生にふとした事から「君のテーマは臨機応変だね」と言っていただき再確認したところ。
暗示をするかのように先月の末からチョロッと身の周りがバタバタとなっていました。うまく切り替えれないでいると、さらにバタバタが重なってきました。
原田のミスだったり、気に留めてもしょうがない事だったり。
「う~ん、試練か」なんて思いつつあーしたりこーしたり、頭がモヤモヤ。自分がバタバタ。
”機に臨んで変に応ず” 
まさに変わった出来事に臨んでも、対応出来ない状態。


そのバタバタの中の1つに連絡なしのキャンセルが重なった事があります。
自分に余裕がない時はキャンセルが重なる事が多い。そんな気がします。


きっかけは


「なにか少しでも楽になるきっかけがないかなぁ~  豪快に分厚いステーキでも食べに行くかな(笑)」なんて考えていたらキャンセルの方がわざわざ謝りに来院してくれました。

結局これがきっかけ。 単純と言われればそうですが、電話1本いただければそれでOKの話。でもわざわざ来院して「先生すみません」と何度も言っていただき改めて予約をとってもらいました。 この”わざわざ”がきっかけとなりました。



人間なんてちょっとしたことでヘコんだり上がったりです。すべて計画通りに事が進むなんてないのは分かっているのに。
あ~ホント忙しい生き物です。 

治療も同じ。ちょっとしたことを続けていって変わるもの。
今年はちょっとずつ”臨機応変力”をつけていってみよう。


そんな忙しい生き物原田にあなたの臨機応変力アドバイス、絶賛受付中ぜよ(^^)



明日も皆様お体に、愛と期待を………


a:731 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です