細かくを想う  豊橋 整体 頭痛 肩こり 腰痛  – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

写真

さて今日は「褒める」についてだ。

「褒めると言うことを聞く? はぁ? 何言ってんの?」

「そんなんでいいならウチなんかとっくにいい子っ!」

「子供もいないあんたが偉そうにっ!」

そんな意見がバシバシ飛んできてるはずだ。

そりゃそうだ。だって僕がこんなこと言ってるのだから。

ハッキリ言って「聞くに値しない人」だ。

分かっているさ。

でも書いちゃう(笑)

では「うちは褒めてる」そんな方にお聞きしたい。

「どうやって褒めてますか?」

例えばテストでいい点数をとってきた時、子供が見せに来たとしよう。

さぁ、あなたはどう言う言葉をかける?

「頑張ったね」「すごいね」

だけ? そのくらい? 

それは「うちは褒めてる」って言わないよ。

僕が思うに、「褒める」ってのは「褒められたっ」というのが相手に伝わらないと意味がないと思うんだ。

大人なら肩書きのある人や、尊敬する先生に「よく頑張りました」で褒められたと感じるんだけど、相手が子供の場合はちょっと違うんじゃないか?

僕は "子供は言葉の飲み込みが遅い" と思っている。
だって言葉を浴びてまだ数年だ。これを前提としてほしい。

言葉って印象だよね。どんな言葉でもどんな表情で言われたのか、どう言われたのかでがらりと違う。

きっと受け取ったのは、”言葉の意味”ではなく”言葉をかけてくれた人の印象”ではないだろうか。

だから「すごいね」だけで終わらず、

「ここの計算難しかったでしょ?」

「掛け算のところ全部〇だね。掛け算得意になった?」

「よく宿題してたもんな。簡単だった?」

「この前は悪かったのに今回は頑張ったな」

なんでもいいと思う。

細かく褒めて「いい点数とってきたよ。見て!」

という子供の行動をネタに、褒める会話をするのがポイントだと思う。”褒めるコミニュケーション”をとるわけだ。

コミュニケーションの極意は相手に口を開かせる事。

そうでなければコミュニケーションから好印象を与えるのは難しい。

その印象が薄くても飲み込むことが出来るのが大人だ。

子供はそれが出来ないだろうと考える。





言うことを聞くのは「聞くに値する人」だから。

聞くに値する人は「好印象」だから。

好印象の人の意見、注意は受け入れやすい。

何を言うか、どんなことを言うかの語学的な能力よりも、ちゃんと褒める、細かく褒めるというコミュニケーション能力の方が親には必要だと僕は今のところ結論づけた。







ちなみに僕は何度も言うように子供を育てた経験がありません。

こんなに上手く教育が出来るとも思わないし、そんな簡単な事ではないと思っている。

立派にお子様を育て上げているあなた、どこまで言っても机上の空論なのは分かっているけど、それを踏まえて僕の意見を、僕という人間を判断してみてください。






明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:526 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です