8/6を想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、アメリカ軍が広島市に原子力爆弾を投下した。

日本は核攻撃を受けた唯一の国。

原発や放射能、集団的自衛権など騒がれている昨今、良い悪いは数多の意見があるだろう。

それについて声を上げなければいけない日が来るかもしれない。

広く見渡せば平和な世の中ではないかもしれない。

しっかり情報を集めれば、見えない危険にさらされている世の中なのかもしれない。

しかし僕は今日1日も、目覚め、神棚に手を合わせ、治療をさせてもらい、食事をし、スイーツに溺れ、本を読み、カープを応援でき、色々な事に悩み、色々な事に喜んだ。

今日も喜怒哀楽のなか、何事もなく無事に寝ることが出来そうだ。

そう、平和と想える1日だったわけだ。

有難い、有難い。

人間、肝心なことは今出来ること、目の前のことをしっかり行うというのであれば、今日くらいは目の前にあった平和に感謝してから寝てみよう。




ちなみに僕は8/6に必ず思い出す、死んだ婆ちゃんの話がある。

「原爆が落とされた日はね、琴石山の向こう側が真っ黄色に光ったんよ。」

琴石山の向こう側は広島県の方角。

広島市内は車で行っても高速で1時間半くらいかかる距離。

子供ながらに覚えてる原爆がどれだけ凄かったかを物語る話です。

やっぱり核兵器は使っちゃいかんね。




明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:654 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です