腰椎椎間板ヘルニアを想う  豊橋 整体 肩こり 腰痛 骨盤矯正 小顔矯正 – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

写真

今日初診のK様が「先生、腰椎椎間板ヘルニアって言われました。治りますか?」

単刀直入に聞かれました。

それに対して僕は単刀直入に答えました。

「治ります」

厳密には「治るらしいです」と言いましたが…..
僕は医者じゃないので症状の診断や断定はできません。でも最近読んだ本に書いてあったんだもん。腰椎椎間板ヘルニアは安静にしておくと治るって。もちろん整形外科医の書いた本です。
腰痛完治の最短プロセス セルフチェックでわかる7つの原因と治し方

「でも安静にしておくのが大切ですよ。たぶん運動はもちろん、仕事も厳しいかも」

そうは言いつつも、仕事も休めなんて無理は分かっています。

「立ち仕事で体も動かすんですよ」K様は言う。

さて、安静に出来ない、でも良くなりたい。

どうするか?

僕がK様に伝えたことは、「安静は安静でも、腰の安静を考えましょう」
安静にってことは何もせず家でゆっくり過ごすことが1番だ。でも何も全身安静にする必要はない。腰を安静に、言い換えれば、腰に負担のない状態であればいいわけです。

腰に負担のない状態、腰の仕事を減らしてあげることが重要。

では腰の仕事とは何か?

僕はそう聞かれたらこう答えています。

上半身を支えること。

上半身を支える、言い換えれば腰からすれば上半身は荷物です。荷物支えるには整理整頓、整っていた方が支えやすいよね。
もう言いたいことは分かっていると思うけど、猫背や前屈み、反り腰なんて言われる状態だと腰は支えづらくなる。重労働になるわけだ。それを無視して骨盤矯正だけやっていても片手落ちになってしまう。

安静に出来ない、でも良くなりたい。

だったら、患部の腰、ヘルニアから少し目をはずして、腰の荷物を整えよう。姿勢の矯正をしてバランス良く上半身を腰に乗っけていこう。

そうすることでヘルニアって言われても絶望することはないんだよ。そして腰の負担は上半身で減らせるってわかればこの先予防もしやすくなる。

僕は ”予防は治療に勝る” って思っている。

原因が分かれば予防もしやすい。

これからも分かりやすく、僕の治療を受けると体に賢くなって、あなた自身で予防していける、そんな治療院でありたいと再認識をした1日。




ちなみに僕はホームページでは”肩こりを劇的に変える”と謳っていますが、最近腰痛治療がおもしろい。




明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:796 t:2 y:1

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です