野球肘 野球肩のための肩関節、肩甲骨、背中の柔軟性テスト

今回は野球肘野球肩のリスクを調べる検査の紹介です。

簡単に出来るので、現在痛みがある選手はもちろん、「体が硬くて、いつか痛める」と指導者から言われたり、心配している選手は是非行ってみてください。    

 

 

野球肘 野球肩のリスク検査

①体を壁に付けて立ちます。 ②体の正面で左右の肘をくっつけます。  

 

  ③そのまま目線より上に挙げていきます。

 

 

 

④肘を鼻より上まで挙がらなかったら不合格。痛みのリスクは高いでしょう。  

 

野球 肩 肘 ストレッチ  

 

鼻より上に挙がれば合格。現在痛みが出ていても、数回の施術で改善するはずです。

このテストは肩関節、肩甲骨、背中の柔軟性、可動域を検査するもので、肘が鼻まで上がらなかった選手は半年以内に28.6%が故障したというデータがあります。

もちろん、選手の全世代で調べたデータではなく、年齢、練習環境などでも差は出ると思いますが、野球肘肩リスクの基準になる検査であることは確かです。
一度行ってみてください。      

 

 

 

 

整体院Toyohashi

0532-31-1101

豊橋市東脇1-12-2グリーンハイツUM1階

駐車場2台有り アクセス 10:00~21:00(受付20:00迄) 定休日=日曜日・祝日

 

LINEからのご予約は、

スマホの場合:スクロール後ページ下部の友だち追加をタップ。

PC タブレットの場合:ページ右側の友だち追加をタップまたはクリックを お願いします!

 

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です