野球で肩や肘を痛めている選手、保護者の方へ。痛くなったことを ”チャンス” と捉えませんか?

野球肘肩で来られる選手、保護者の方々は、この痛みが良くなるのか気になりますよね。

・突然痛くなった肩、肘。

・休まざるを得なくなった練習。

・レギュラー番号を奪われる心配。

・本当に治るかどうかの不安。

・この先続けられるのか。

悩みは絶えないと思います。

 

このブログでも何度も書いていますが、

野球肘肩の原因の80%は危険なフォームで投げていることです。

危険なフォームと言うのは、肘や肩の関節に負担がかかりすぎるフォームのことですが、もう1つ大きな問題があります。

それは、パフォーマンスが悪い。

ということは、

施術とフォーム修正で痛みが良くなると、自然と高いパフォーマンスになっている。と言うことです。

実際、野球肘肩整体を受けられ、痛みがなくなった選手の多くは、痛くなる前よりかなりパフォーマンスが上がったと実感されています。

 

痛みはチャンス。秘めた可能性を発揮するチャンスです。

カラダが小さいから。

有名校ではないから。

関係ありません。

私が来院された選手を見るたびに

「まだまだ力が発揮できていない」

そう思います。

 

痛くなったことで、心配はあるかもしれません。

しかし、そのフォームをしっかり修正すれば、

・もっと良いボールが投げられるはずです。

・もっと勝てるはずです。

・もっと野球が面白くなるはずです。

・持っている可能性をもっと発揮できるはずです。

そして、保護者の方は、

・もっと応援したくなるはずです。

・もっとドキドキさせてもらえるはずです。

このように、痛いことは不安だと思いますが、今よりもっと上手くなるチャンスと捉えることが出来るのです。

 

私が選手に対して考えていること。

選手や保護者の方は、「この痛みが良くなるのか」を考えています。

しかし私は、この選手がどこまで伸びるのかという、【秘めている可能性、将来性】を考えています。

 

大丈夫です。その痛み、

きっと良くなりますよ!

もっと上手くなれますよ!!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です