食トレは必要か?その答えは ”パワーと強さ” の違いを知ることで分かります。

食トレは昔から続く野球の悪習の一つと思っています。
もちろん私も経験しました。

”たくさん食べられなかった” 食トレ経験談

もともと食が細かった。「丼メシで何杯も」というチームメイトを見ながら、
「いつか自分もあんなに食べたい」
「あれだけ食べたらもっとパワーがつく」
そう思っていました。
結局大食いになることはありませんでした。
しかし、体力で負けたことはほとんどありません。
ウエイトトレーニングもしっかりとした重さを上げていましたし、冬場のランニングトレーニングで遅れをとることも、夏場にバテることもなかったです。
そうそう思い返した時、やはり母が食事を気にしてくれていた事が大きかったと思います。
肉魚野菜と品数も多く、バランスの良い食事を摂らせてくれていたことを、治療の世界に入ってから分かりました。
感謝しています。
(ただ、当時はもっと食べないと大きくならないよ!とは言っていましたね(笑))

やはり、量より質が大切です。

カラダを大きくしたければ、米をたくさん食べた方がいいと思います。
体が大きいとパワーはつくでしょう。
しかし、選手としてレベルが上がるとは違うのではないでしょうか?
体の大きさよりも強さが大切。
強いとは、
・怪我や故障の原因となる疲労に強いこと。
・辛い練習にも耐えられる、持久力が強いということ。
体が大きいと、体が強いは別なのです。
パワーがあれば、怪我故障に強いわけではありません。
その強さは、米などの炭水化物だけでは養えないのです。
よく、「うちの子は食べないから……」と食の細さを怪我や故障、パフォーマンスの低さの原因とする保護者の方がいらっしゃいます
心配しないでください。
食が細くても、バランスの良い食事であれば、怪我故障の復帰もパフォーマンスアップも大丈夫です。
アスリートの食事は量より質に注目してみてください。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です