1週間肉離れ超回復チャレンジ その2

月曜日からスタートした、【1週間肉離れ超回復チャレンジ】

(チャレンジの経緯はこちら)

4つの項目をせっせと行なっています。

基本的には3つ。
あと1つは、秘密アイテムの使用。

では、順に書いていくとします。

 

①やっぱりアイツの摂取が基本中の基本

怪我をした。しかも肉離れ。 ということは筋肉の修復をしたい。

はい、もうお分かりですね。

1つ目はタンパク質の摂取。

肉、魚、卵などをいつも通りの量食べていては足りない。

高タンパクを摂取し続けることが大切です。でもなかなか大量に肉などを食べられない。

解決策は簡単。

プロテインをガンガン飲んでいるだけです。

誰でもできます。

筋肉の修復剤ですからね、タンパク質は。

通常の食事も肉を多めにして、プロテインドリンクを1日3.4杯。

これが1つ目にして、絶対項目です。(ビタミンも大切だけど、そのへんは別の機会に)

 

 

②③はご自身の判断で。でも私は効くと思っています。

2つ目は アイシング。

3つ目は温冷入浴。

 

怪我の際のアイシングは賛否両論分かれます。(昔は絶対アイシングでしたけど)

結局、良いのか悪いのか、統一した答えはスポーツ界でも出ていないのが現状です。

現場にいるトレーナーの知人達に聞いてみると、皆決まってこう答えます。

「選手に任せてる」

つまり、選手が「効くと思っている」と言えば、行なっているようです。

プロ野球の投手を見ても、登板後、アイシングをしている選手もいれば、何もしていない選手も目にします。

ですから、私も選手には効くと思えばやると良いとお伝えしています。

そんなアイシングですが、私はこのような方法を進めています。

それが、3、温冷入浴。

患部を氷で一気に冷やしたあと、湯船に浸かる。温まった後、また冷やしてさらに湯船に。
出来れば、これを3回繰り返す入浴法(アイシング法)です。

昔の民間療法の文献を参考にしたアドバイスで、はっきりとした医学的根拠は分かりませんが、明らかに回復が早い気がしますし、私自身もそう実感していますから、怪我をした際は行なっています。

ただ、あくまでも、私の経験則であり、根拠がない方法なので、2.3は参考までに。

 

④回復力が違います!  何より疲れがあぶり出される不思議なアイテム

4つ目は周波数器という秘密アイテム。

接骨院などで使われる、ピリピリと感じる電気のような物療機器です。

とにかく回復力が上がる、というか、受けた後、疲れがあぶり出されたかのようにカラダがダルく重くなります。

最近導入した物療機器ですが、初めて受けた時はゾンビのようになりましたね(笑)先日2回目を受けましたが、1回目よりはマシ。でもまだ疲れが出る感じがあり、疲労が溜まっていたんだな。と実感しています。

この蓄積疲労が回復力を妨げます。

今日3回目を受けるつもりですが、どうなるか楽しみ♫

 

こちらの物療機器、別料金のオプションとして受けて頂けます。

 

さて、日曜日まであと2日、高タンパク、アイシング&温冷入浴、秘密のアイテムの万全体制で、回復力ブーストをかけたいと思います。

目指せ!肉離れ回復1週間!

結果はまたここでお知らせしますね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です