投球制限の実施を発表。これを期に投手の育成レベル向上を願います。

 

今、野球界において最も重要な問題、学生野球の投球制限。

とりわけ高校野球の投球制限はどうなるか? が注目されていましたが、高野連から発表がありました。

その記事はこちら
球数制限「1週間500球以内」を正式決定

個人的な意見としては、かなり良い内容だと感じます。

1試合何球以内 ではなく、1週間500球以内。

投球制限導入で最も壁となっていたのは、

「投球制限があると、部員が少なくピッチャーが少ないチームは勝ち上がらない」

という現場の意見だとは思いますが、その辺りも考慮したものになっているのではないでしょうか。

とは言え、「投手が足りないチームは勝ち上がれない」という現状がなくなるわけではない。

指導者はこれを嘆くのではなく、2番手3番手をしっかり育て上げられるよう、育成レベルを上げることに注力して欲しいと願うばかりです。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です