バラバラと繋がるを想う 豊橋 整体 野球肘肩 スポーツ障害 – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。



1人独立リーグで圧倒的な成績を残したという選手が参加していました。「なぜプロに指名されないのか?」 っていうくらいの良い選手です。でもベテランのプロ野球選手やトレーナーは「指名されない」という見解。

それは
体幹が弱いか、うまく使えていない

今日はプロになれる条件について。

確かにその選手は上手いのですが、上手く見えない のです。どこかぎこちなくと言うか、ぎくしゃく見えるというか、流れるような動きではなかった。
こういう選手は手足体幹がバラバラに動いているとのこと。でもプロになれる選手は体幹と手足が繋がっている動きができるようです。

文章だけで伝えるのは難しいですが、詳しくは来院された時にでも(^_^;)

確かにベテランの渡辺直人選手やの若手の桑原選手は動きにブレが少ない。そして走り込みの時、追い込んでヘロヘロにも関わらず、体幹のブレが少ない。

写真
DeNAの桑原選手と

ではなぜバラバラがいけないのか?それはパフォーマンスに波が出てしまうようです。
手足体幹が流れるように使えている選手はシーズン通してパフォーマンスが安定しているらしい。夏場の辛い時、シーズン後半の疲れがピークの時でも良いプレーが出来ると、この自主トレのコーチをされた方が言われてました。
バラバラに動く選手はどんなに結果が出ても継続が難しいようです。
整体的に考えるとバラバラに動く分、どこか疲れや負担が偏ってしまうのではないかと考えられます。高いレベルで生き残るには手足体幹を流れるように動かせる事が第一条件のようです。

たしかにチームからすると、シーズンの後半にしっかりプレーできる、波が少ない選手は一瞬の爆発力がある選手よりも重宝されそうですよね。生き残るために必要な上手さは野球の技術より身体操作が必要ということでした。

では明日は 流れるような身体操作 という事を書いていこうかな。




明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:178 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です