遠投を想う 豊橋市 野球肩 野球肘

「遠投は必要ない」

最近、野球界では遠投不要説があります。

その答えはさておき、

上半身が突っ込む患者様がいます。

O君
中学1年
ボーイズリーグ
投手
野球肘

このように体重移動の際、上半身が突っ込む癖がある。

豊橋市 野球肩 ボーイズリーグ

 

突っ込むので投げる瞬間もこんな形になってしまう。

そんなO君の突っ込む癖に対して、色々修正点を見つけたが、細かいことは無しにして、「遠投を投げるように」と一言アドバイス。

その結果、

画像の違いを本人にも確認してもらうと納得の表情。

O君には「遠投を丁寧に行って、そのフォームをピッチングに生かせるよう自分で考えて」と伝えた。

遠投が良いか悪いは分からないが、今の彼には遠投が必要でしょう。

遠投不要説の答えは分かりません。全ての指導方法は、正解ではないけれどヒントにはなるはずです。だから僕は、そのヒントを多く持つために、毎日多くの野球情報に目を通すようにしています。

そして、「行なってみて「合わない」と思えば捨ててもいい」と野球肘、野球肩で来られている患者様に必ず伝えます。

ヒントを聞いて、自分で試し、取捨選択する。正解が無い中で練習をして自分なりの正解を掴む。その時にパフォーマンスは上がっていくでしょう。

O君。がんばれ。エースも夢じゃないですよ。

 

整体院Toyohashi
0532-31-1101
メール、LINE@からでもお問合せ可能です。
※LINE@のQRコードはスマホの場合、スクロールして画面下部に。
PCは画面右側にございます。

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です