暑中お見舞いを想う – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。

写真

暑中お見舞い、あなたのもとにも届いたでしょうか?
治療家Atsunori Haradaからの夏のご挨拶。いつもご利用ありがとうございます。

さて、裏側にある”夏の疲れは〇〇に出る” ですが、
ズバリッ! "夏の疲れは秋に出る” が答えです。

治療をしていて思うのですが、夏の暑さもひと段落した頃、「ギックリ腰になりました」と言われる患者様が増える。
原田的に「秋になったなぁ~」なんて思うくらいの風物詩。
偶然? 理由は?




これは原田の予想なのですが、実は夏の疲れが腰痛と言う形で現れているのではないか?
そう思っています。

ほら、こんな経験ありませんか? 忙しさに追われている時、体って意外に壊れない。ひと段落してほっとした時、風邪をひいたり、寝込んだりしたこと。
よく「疲れが出たんだよ」って言いますよね。
疲れや痛みって ”体や心が落ち着いた時に現れる” 事もあります。

そう考えると、猛暑の夏場。体力をもっとも消耗する時期ですし、食事も簡単なものになったりで栄養面も低下しているかも。

そんな状態ですから自分が思っている以上に体は”頑張っている”のではないでしょうか? 
涼しくなった秋口、過ごしやすい気温から体もひと段落するのでしょう。そんな時に夏に頑張った疲れが痛みとして現れているとしたら。

原田の推測ですが秋口にギックリ腰が多いのも無関係ではないと感じています。

夏場でもしっかり食べる。
睡眠をしっかりとる。暑さを我慢せず、エアコンなども活用する。運動する。
対策はいくつかあるでしょうが夏の過ごし方で体が変わる事を豆知識として覚えておいて、一層大切な体に目を向けてくださいね。




ちなみに原田の対策は「あえて食べずにたっぷり寝る日を作る」です。プチ断食ですね。
内臓を休める事も大切ですから。

しかし毎日寝るのは深夜3時ごろ。「そっちの方を気にしろよっ」ってツッコみをいつもいただくのは内緒の話(-"-)





明日も皆様お体に、愛と期待を…..
a:796 t:3 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です