カウンセリングを想う  豊橋 整体 小顔整体 骨盤矯正 – 整体のすゝめ – 豊橋市で整体、小顔整体(小顔矯正)、野球肘肩の改善、産後矯正、O脚矯正をお探しのあなたへ。1回で変わる小顔矯正。野球肘肩を改善できる元楽天イーグルストレーナー公認整体院。




写真

今日は昨日のN様の続きです。

カウンセリングから始めてみた。

どんな野球スタイルが好きか。
指導者はどんな人だと感じているか。
チームメイトとはどうか。
キャッチャーとはどんな話をするか。
好きなプロ野球選手。
嫌いなプロ野球選手。
などなど、野球人ならではの色々な質問をする中で彼に感じたことは、

「彼は本当に真剣に取り組んでいる」

ということだ。

質問にちゃんと答えが返ってくるしことがその証拠。内容も思った以上に色々なことを深く考えていた。
しかし問題だったのはそれを ”外に発していなかった。”




見えない疲労の原因
自分の思い通りに出来ないことほどストレスが溜まることはない。でも全て思い通りなんて無理。他との折り合いをつけながら思いを実現していくものだけど、高校野球は監督の圧制が強い。
なかなか自分を出せないのが現実だ。
チームのスタイルと自分のスタイル。それが食い違っていたら…..それは必ず精神的な疲労となり、肉体的な疲労に繋がっていく。
精神的からくる疲労。そういうものがある事を伝えると、彼も納得したようにうなづいていた。

監督にはなかなか言えないだろう。でもチームメイト、特に彼はピッチャーなのでキャッチャーと細かく話し合うことの大切さを伝えてみた。

キャッチャーと息が合うと、100球投げても疲れが少ないと言われる。しかし基本的には考え方は食い違っていると考えていい。

自分の好きな抑え方。
キャッチャーはどんなリードが好きか。
あの時のリードの意味は。
あの時自分はこう配球したかったが、キャッチャーはどう考えていたか。

彼は既に怪我持ちの選手だ。しかし高校野球を続けていく以上、休めない。では疲労を抑えながら続けていく方法を考えなくてはいけないが、それは休みや、栄養、トレーニング、体のケアだけではダメ。

ストレスからくる疲労を極力抑える方法を身につける必要があるだろう。それには彼の思う事、考えを外に発して理解してもらう。そして周りの考えても理解する。簡単に言えば、”話し合い” が必要不可欠だと僕は考える。それも何度もだ。

それがこれから怪我のリスクを減らす方法だとしてN様に伝えてカウンセリング終了。治療をして、まだ不安はあるものの、そろそろピッチングの再開してもらうことにした。高校球児の故障は本当に難しい。彼の回復力と意識改革を願うばかりです。



さて、この日の治療が終了した時、僕は大きな変化に気付いた。
それが初めにこのカウンセリングは正解だったと書いたけど理由になるんだけど、それについてはまた明日。



明日も皆様お体に、愛と期待を….

a:449 t:1 y:0

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です