野球少年の“ひじ” 6年生の17%は重い症状という調査結果のようですが、子供たちから野球は取り上げてはいけないと思う。

先日から田原市から来ているY君
小学6年生。

夏から痛みはじめ、4ヶ月でどんどん酷くなっている状態で来院されました。

施術開始から1ヶ月。

フォームも非常に良くなり、「痛みもなく、思いっきり出来ている」とのこと。

フォームのbefore afterをインスタにアップしています。

ご覧になってください。

今日こんな記事を目にしました。

野球少年の“ひじ” 6年生の17%は重い症状

内容にもある通り、深刻な問題だと思います。

かと言って子供たちから「野球は危険だから」といって取り上げてはいけないと思う。

野球は危機的状況なのかもしれない。

しかし、正しいフォーム指導、正しいケアの指導がもっと浸透すれば、もっと野球は子供たちのカラダと心にプラスの方に働くんじゃないだろうか。

そういう想いで、これからも悩む選手に一生懸命向かい合っていこうと思います。

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です