バッティングの指導も行っています。

当院は主にボールを投げた時に肘や肩が痛い、野球肘、野球肩の改善に強い整体院ですので、指導に中心は投球フォームになります。

しかし、バッティングのレベルアップがご希望であれば喜んで指導させていただいています。

先日、バッティングの指導風景をInstagramにアップしたので、興味があればご覧ください。

動画の彼には、「強い打球が打てるように」「長打が打てるように」という観点から左腕(捕手側の腕)の使い方をアドバイスしています。

使い方と言っても、「腕を伸ばせ」や「腕を押し込め」といった従来のアドバイスではなく、「こういうイメージで打てば自然と左腕が良い形に使える」というアドバイスです。

指導は肘や腕などの”部分”をアドバイスすることよりも、イメージを持たせることの方が飲み込みが早い場合もあります。

その選手にはどのようにアドバイスが合っているか。

それを見つけることも指導において大切なことではないでしょうか。

バッティングの指導の参考になれば幸いです。

この投稿をInstagramで見る

【逆方向にホームランを打つにはどうすればいいか?】 この想像力をもとにスイングさせると、 後ろの手の使い方 バットの出し方 体が開かないスイング  を自然に身につけることができます。 ポイントは、 逆方向にホームラン 逆方向に打つではダメ ホームランを想像させること 想像力が彼らの将来を広げる さぁ、チームメイトのハイタッチが君を待ってるぜ! #整体院Toyohashi#豊橋市#豊川市#田原市#新城市#蒲郡市#野球#野球肩#野球肘#審判#野球好き#野球好きな人と繋がりたい#野球少年#硬式野球#軟式野球#草野球#プロ野球#高校野球#大学野球

Atsunori Harada(@achunoriharada)がシェアした投稿 –

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です